作業に縛られ続ける物販スタイルを脱して豊かなココロを取り戻す旅。

物販系舞台女優 いしわたり ようこです。

物販のことをあんまり話していないのですが、
わたし、物販をやっています。

あ。知ってた??笑

結構ガッツリやっています。

主にebayを使った輸出転売ですが、
ヤフオクもAmazonも なんでもかんでも
国内外に日々 商品を出荷しています。

あの手この手を駆使して
仕入れたものを 売りさばいています。

仕入さえしっかりしていれば
在庫は 元本割れしない、貯金のようなもの。

銀行の利子なんかより、増えますよ。

(という甘い言葉を語るのが物販スクールだったりする 笑)

もちろん、失敗した仕入れもします。

あと、お付き合いで購入する薄利な品物のあったりします。笑
仕入先に あいさつ回りしたときに 買ったりするものとか。

それでも、総合的に見れば
赤字にならないのが、わたしの物販スタイルです。

とはいえ、物販は
ガッツガツの労働収入です。

独りでやればやるほど、
頑張るほどに
途方もない作業量になるのです。

その、途方もない作業量を軽減させるために
作業を「外注化」します。

もちろんお金はかかります。
お金を払って、作業を人に頼むのですから。

間違えてほしくないのは、
初めは 全て
自分の手で作業をすることが、とても大事です。

自分で作業をして、一連の流れを理解しなければ
外注化したときに
外注先に的確な指示が出せませんからね。

その過程を経たうえで
外注さんにお願いするようになるんですよね。

物販を始めたときの、押しつぶされるような作業量は

言ってみれば。。。

滝修行

のようなもんです。
滝に打たれて鍛え上げられる、って感じ。

さて、わたしには今、
事務処理をお願いしているバイトさんが2人 居ます。

内職。
PCだけで出来る作業。
タスクはクラウド機能で ネット上で共有。
月に1回、打合せのために対面する以外は
全部チャットで完結する 仕事の流れを考えて、実行中デス。

いま、わたしの行っている作業は
「仕入」「検品」「問い合わせ対応」
この3点に特化しています。

。。。案外 仕入れと検品がボリューム大きいんだけど。

商品写真の撮影、保管、発送は、外注会社に依頼しています。
これは、商品金額によって2社使っています。

さて、ここで、考えましょう。

こんなに経費を使って、利益を減らすのって、どうなのよ??

答え↓

「時間を買うと思えば良い」

バイトバイトで寝ずに駆けずり回っていた時のことを思い出します。

24時間しかないのに、時給で働くって
どう考えたって、限界があるんですよね。

全ての人に平等に与えられているもの
イコール、時間。

分身の術でも使えない限り、
独りで何かに取り組むには限界があると思います。

時間、体力、生活環境。

お金を払って、仕事をほかの人に頼む、て
「時間を買うこと」だと思うんです。

「自分のお金が減っちゃうよ」

ということになりますが、
少し違います。

たとえば、
出来た時間で、お金を稼ぐことができます。

たとえば、
出来た時間で、学ぶことができます。

たとえば、
出来た時間で、整理することができます。

実は、わたしの場合、

「え?それしか稼いでないのに、外注さんとか 使っちゃうの?」

という状態でしたが、

やってみました。

そしたら、
今まで 手が回らなかった作業や
後回しにしていたタスクを消化することができました。

数か月前から自宅に転がっていた不用品を片づける時間ができ、
出品せぬまま自宅に保管されていた在庫を一掃することができ、
長期在庫の見直しをしてセール企画を打ったり・・・
という具合です。

まずは投資。
損して得とれ。

「独り物販」

転売ヤーさんは、ここからスタート。

組織や企業で取り組むのと違い、
全てを一人で行います。

一人で黙々と。
スクールに通っていても、同業者のグループに入っていても
結局 戦う相手は、自分。

ぶっちゃけ、最初は
どんだけ自分と戦えるか、に尽きます。

でも、それでは、いつまでたっても
豊かになりませんよね。

それは、収入 だけではなく、
「人間」として豊かにならないです。

わたし自身がそうでした。

全てを排除して、
「土台ができるまでは・・・稼げるようになるまでは・・・」
といって、物販スクールに入塾しました。

舞台を休み、映画を見なくなり、彼氏も作らず、笑

モノを売ってお金を稼ぐことだけに集中していたら
休日も無くなっていました。
目が覚めたら、すぐにPCの前に座り、
買い置きしていた菓子パンを齧りながら出品し、
一日中カメラで商品を撮影し、
何個も段ボールにガムテープを張って、郵便局に台車で運び、

そういう時期も、絶対必要です。

でも、いつまでも、それを続けるのは、ダメです。

豊かな人間として存在できるのか、と
ふと考えたら、
どこかで、それを脱しないといけないよね、
違うよね、って気付いたんです。

貧相な人間に魅力は感じません。
豊かなココロに幸せは集まるようです。

人の集まるところに、幸福も集まり、
お金も集まり、知識も集まり、
その中心にあるものは
魅力的なモノであるはず。

どこかのタイミングで
風呂に入るのも後回しにして 荷物を梱包する毎日を
辞める方法を考えほうがいいんですよね。

ときどき「現状」という壁をブチ破るキカッケが来ます。

最近の わたしには、
「現状維持」か「挑戦」か
二択しか無かったのだと思います。

「挑戦」しか選ぶ余地がない

たぶん、どんな時でも、そうなんだろうな
生きていくって。

と、痛感する昨今なのです。

現状を変えたくて、一歩 踏み出すと、
その先は ずっと
「挑戦」しか選べなくなるようです。

まずは、あなたも「挑戦」から
選んでみてはいかがでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です