介護に独りで立ち向かうことは出来ない。疲弊する前に頼れるモノを手に入れよう。

いしわたり ようこです。

介護の話が続きますが、
なにしろ記録しておくことが重要なんですよね。

 

わたし、転売スクールに入っていたとき
作業以外のことを全て辞めて没頭したんですよね。

1日に2記事くらいUPしていたアメブロも
ぱったり 辞めたんです。

でも、いま思うと、
そういう時だからこそ
キロクしておけば良かったなぁと、反省しています。

人間って、忘れる動物なんですよ。

本当に、簡単に忘れる。

 

  

 


介護老人を抱えて出張へ行く為の対策を練る。最大の問題はこれ。


 

地域包括支援センターの担当者さんが、
我が家に来てくれたとき、
グループホームや、デイサービスの資料を持ってきてくれて
いろんな角度から、介護プランを考えることになりました。

 

まず、最大の難関

 

わたしの出張時、父を預かってくれる場所の確保。

 

日帰りで外出するときでも、

彼に、自宅の状態を メッチャメチャに されてしまうので

出張中の 独りでお留守番なんて、不可能なんです。

そもそも、

台所やトイレの場所がわからないので
独りだと、食事は出来ないし、トイレも行けない。

机の上に、おにぎりなどを用意して、掴んで食べれるようにしておいても

用意されていることを 忘れてしまう。

もちろん、皿や箸が自分で持てないので、食べれない。

彼なりの、過去の習慣から、冷蔵庫まで辿りつけても
中のものを床に撒き散らかして、喰い漁ってしまう。

昼夜や、季節や月日、時間の感覚がないため、
いつでも寝て、起きている。

家具や 部屋の荷物を 移動させてしまい
自分自身で、モノが何処に有るか わからなくさせてしまい

疲れて、床の上に 寝転がってしまう。

こういう現状では、在宅介護より
やはりグループホームが良いのかもしれない。

施設費、消耗品代金などを合わせると
最低 毎月20万円近くはかかるらしい。

けど、なんか、ひっかかる。

 

お金は何とかなるとはいえ、

果たして、それでいいのか?

なんか、ひっかかる。

 

包括の人
金銭的にご負担はいかがですか?
ようこ
お金は何とかなりますけど
包括の人
介護認定3以上くらいが出れば「トクヨウ」使えますよ
ようこ
トクヨウって何ですか?

介護の認定の重度が高くて、順番待ち出来れば
特別養護老人ホーム(トクヨウ)を利用出来るらしいです。

介護度の低い人は、入居が優先されないので、ほぼ入れないらしいです。

トクヨウは、かなり安く利用できるそうです。
こちらのサイトをご参考までに↓
http://www.minnanokaigo.com/guide/cost/tokuyou/

特別養護老人ホームが多くの方に人気がある理由のひとつが
初期費用0円〟という点です。
数十万円からときには数千万円もの入居一時金がかかる民間の老人ホームと比べて、
初期費用がかからないというのは大きなメリット。

 

でも、現状、父の状態では「要介護4」以上は出ないと思うので
入れる可能性は。。。低いなぁ。

もちろん、

民間の老人ホームは、信じられないくらい高い。

横須賀市あたりで、入居一時金1千万、月額18万が、平均かな。

ご参考までに↓↓<老人ホーム全国ネット>
http://www.roujinhome-zenkoku.net/o-home/kanagawa/yokosuka/index.html

 

後期高齢者 延命 長寿

 


自立できない認知症老人が、我が家を出て、何処へ行くか。


 

何かココロに引っかかる。

 

お金かけて、マルッと預けて、それでいいのかな。

 

父は、独り暮らしをしたことがない。

73年間、実家暮らしをしていた人間が、家を出るべきか。

 

平成元年に立て替えたマイホーム。

35年もかけてローンを払った自宅から
彼を、簡単に引き離してイイのかな。

 

彼に今、一番大事なコトってなんだろう?

 

わたしは、出張のときだけ、預かってもらえれば問題ない。

家が荒れてても、片付ければいいし。

中型犬が3匹 飼っていたときなんて、部屋を清潔に保つことだけで大変だった。

それに比べたら、たまーに声かけて、誘導するだけだし。

わたしが家に居たって、
どっちにしろ、パソコンに向かってて、

トイレと食事をするとき以外は放置だし。

彼も、ずっと、独り言を言いながら徘徊しているだけだし。

でも、

介護保険の申請をしてから

民生員の伯母さん、介護保険の認定員さん、包括支援センターの人
みんなに

 

 
お嬢さんの生活の確保と負担を軽減しないと、つぶれちゃうわよ

 

って言われ、

確かに、彼は、どんどんワガママになっていくし
依存が進んでいくし
自分で何にも やろうとしなくなったし、

 

わたしも本当に、疲れてきたし。

 

第三者に頼まないと、悪化するだけだ、と思って
それゆえ、預かり型の施設の利用を考えたけど

ようこ
ホームヘルパーさんとかはどうなんですか?
包括の人
同居人が居ると難しいんですよ。。。
ようこ
 そうですか。ぢゃあ家政婦さんってことになりますか。
包括の人
そうですね。でも、介護できるとは限らないです。。。

 

わたしが居ないときに、自宅で付き添ってくれてる人さえ居れば
いいんだけど。

ご飯とトイレ これさえどうにかなれば。

認知症
徘徊
自分のいる場所がわからない
意識の混濁
幻覚と幻聴
目が見えない
筋力の衰え

は、あるけど、

会話も出来るし、掴まり歩きもできるから

本当に、住まい自体を変えることがベターなのか?

老いをもっと進めさせることにならないか?

 

stocksnap_lj515cpaki

 


会話すること、コミュニケーションをとること、人と会うこと、外に出ること


 

包括の人
お父様にとって、何が一番必要だと思いますか?

 

わたしは即答。

ようこ
わたし以外の人間と接することが必要だと思います。

 

これが最優先。

デイサービスに通うことを、何しろ早く始めたいと思った。

デイサービスに行けば、お風呂も入れてもらえるし、
送り出しと、向かい入れだけ、施設の人と打合せできれば
何とかなると思った。

身体を動かすことも出来る。

第三者と触れることで、
ぜったい人間は変わると思うし、

もしかしたら、状況が好転するかもしれない。

親戚の伯母さん
デイサービスに行ってないとき、どうすんの?
ようこ
わたしが家に居るときは問題ないです。
親戚の伯母さん
出張のときは?
ようこ
ショートステイに預けたいです。
親戚の伯母さん
デイサービスのない日は、ようこちゃんが面倒見るの?
ようこ
わたしが家に居るときは問題ないです。
親戚の伯母さん
付きっ切りじゃなきゃダメなんでしょ
ようこ
ま、そうですけど・・・

家の中で、誰かとしゃべりながら、何かの仕事をしている(らしい)彼を
わたしは、そのままにして、パソコン作業をしているので

実際、ほんとうに、問題はない。

ショートステイ(短期入所生活介護)とは・・・

数日間、専門施設に介護をお任せできるサービスです
短期入所生活介護とも言われ、施設に短期間入所して日常生活の世話やレクリエーション、リハビリなどを受けられます。

 

ショートステイは2ヶ月前から予約しないとダメらしく、
わたしみたいな突発的な出張には対応できないようです。

そういう時は、保険適応外の介護付き宿泊施設を利用せざる終えないですね。

でも、大枚叩いて、我が家から彼を移住させるのは、なんとなく、、、

 

違う気がするんですよね。

 

いろんな角度から、
包括支援センターの人と、民生員のおばさんと、わたしで
1時間半くらい話し合いました。

 

結果、こんな感じの介護プランを立てることにしました。

1)なるベく早く、デイサービスを利用し始める。
2)介護認定が出たら、トクヨウに申し込めるか検討する。
3)利用できるショートステイに申し込む。
4)保険適用外の宿泊施設の営業マンに連絡を取る。

と、いう感じになりました。

 

家族 思い出 家庭 介護 痴呆

 


介護を独りで背負うのは危険。限界が来る前に公共機関に助けを求めよう。


 

ぶっちゃけ、ここまで親身になって、一緒に考えてくれると思わなかった。

本当に、今までは、

わたし独りで闘っていかなきゃ

って思ってたけど、それは 違うようだったみたい。

 

わたしは、一人っ子だし、母は5年前に死んでいないし
両親が貯金を残しているわけでもなく、大金持ちでもない。

だから、

独りで介護に立ち向かわなければいけないから

転売を始めて、起業して、自宅で 自分でお金を稼ぐ術を 身につけたつもり。

でも、結局、ホンキの介護を前にして、
自分で仕事するゆとりなんて、これっぽっちも無かった。

独りで立ち向かおうとしたこと、が、
間違っていたのだ、と知りました。

そもそも、そんなこと、出来ないことだったんだ。

やっぱり、やってみなきゃ、何にもわかんない。
そんな危機予測なんて、ただの妄想に過ぎなかった。

これからも、
忘れる前に、残しておこう。

順番。順番。

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

舞台女優。クラシックバレエ・フラメンコ・中国武術・唄の経験を活かし舞台演劇に携わる傍ら、国内外ECサイトで物販業を運営。後進者育成アドバイザーとして活動。ストレッチサークル主催。SHOW企画。