手に取るオニギリの値段の違いで、自分の価値観に気づく昨今。

久しぶりの更新になったには、
言い訳のような理由が、たくさんあります!!!笑

物販系舞台女優 いしわたり ようこです。

 

さて、コンビニオニギリのお話です。

コンビニおにぎりが不味い、という人も居ますが
わたしは、コンビニオニギリが好きです。

食べ比べたことがありますか?

 

わたしは個人的に、JR東日本のキオスク?「New Days」のオニギリが好きです。

若干他のコンビによりお値段が高めですが、
お米の密度というか、重量が明らかに、手に取ったときに違うのがわかります。

この「コンビニオニギリ」の5円や10円の価格差に
どれだけの企業さんたちの努力が詰められているのかを考えさせられます。

とくに、

100円ローソン(100ロー)で売っている
105円のオニギリと、120円のオニギリのクオリティの違い

マイバスケット(マイバス→イーオン系列のあれ)の
「まいむすび」とかいう60円くらいのとかの、
腹持ち悪そうな軽量感、ゆえのサイドメニュー的な雰囲気

西友で売ってる60円くらいのオニギリの隣にある
デッカイ手作り感を演出した150円のオニギリ

セブンイレブンのオニギリの味が、時代を重ねるごとに
ますます美味しくなっていくことを、痛感し

結局一番好きなのは、オリジンのオニギリだったりする。

 

 

いえ、そんな話がしたかったわけではないのです。

 

 

昨日、毎月恒例の、物販の大先輩(というか人生においても先輩か)との
ビジネス情報交換会 という名の、呑み会でした。

 

コンサル生を何十人も抱えている、お父さんですが、

わたしは生徒ではなく、
ただの「転売おねえちゃん」という立ち位置なワケです。

 

最近の仕事の取り組み具合、新しく始めたこと、などなど
ハナシは多岐にわたりますが

お金の話になりまして。

いや、厳密に言うと、

「選択」

のハナシです。

 

特に贅沢するわけでもなく、
買うモノの値段、手にするものの価格、支払う金額への懸念、
そういったことを何にも考えないで
財布からお金を出せるようになる年収は
1700万円らしい。です。

 

でもそこで、わたしは

 

それは違うんじゃないか?

 

って、言ったんです。

そこで、オニギリの話をしました。

 

 


 

最近わたしの お気に入りオニギリは
セブンイレブンの「カツどん(卵とじになってるやつ)」です。

※コンビニオニギリが身体に悪いとかそういう話は今は抜きです。
※コンビニオニギリは世界最強のジャンクフードでOKだと思います。

これは180円。

でも、わたしがフリーターやってたとき、
こういうときは110円の昆布とか、シーチキンマヨとか
そういうものを選んで買ってたんですね。

1円でも安いものを選んで買ってたんです。
お財布にお金ないから。

 

今だって、お金持ちじゃないんですよ。

でも、手に取るものが変わったんですよね。

 

で、一番大事なのは、その

「手に取るときの感情」 で、

今だって110円の昆布オニギリ食べますけど、それは

「昆布のオニギリ食べたい」 時です。

 

昨日の居酒屋さんで
「5杯飲んだら、1杯プレゼント!」
というスタンプカード配ってて

生ビールか、チューハイか、同じものを5個飲むと
1杯無料らしいのですが

隣のテーブルは、皆がんばって同じもの呑んでるんですけど
こっちのテーブルは、呑みたいものをメニューから選びます。

 

そんなふうに考えていると、

 

卵が先か、鶏が先か

みたいなハナシになってしまうのですが、

 

1700万円持ってるから、お金を自由に使えるようになる

のではなく

自分に対して自由にお金を使えるようになる

のが、先なのではないかな?みたいな。

 

アトリエでまったり

 

超絶フリーター時代。

 

東京都内でお酒を呑んで、終電ギリギリ乗り込んで
満員電車に揺られて
寝過ごして
目が覚めて「あー、またやっちゃった」って思って
深夜タクシーに乗って7000円くらい払う。

↑ これは
「明日もお稽古あるし、身体休めなきゃいけないし、
なにしろお酒呑んじゃったし、家遠いししょうがないね」
とか、自分を正当化しちゃうくせに

コンビニで、好きなオニギリを選ばず
一番安い「シーチキンマヨ」を選んでたんだけど・・・

 

こういうのが、不思議なんだけど
自分に対して自由にお金を使うように修正しているうちに

最近は、そもそも電車を乗り過ごすことが、ほとんど無くなった

 

というか、そもそも
乗り過ごすようなことになる前に、そうならないように行動するようになった。

 

なんというか、

上手くいえないので、書いてみた。

 

言葉で説明できないから書いた

差額70円の視界と、
しょうがない(と思っていた)7000円の視界が別々で
70円と7000円どうしの価値を比べられていなかった。

比べたときに70円のケチケチが如何に無意味を知ったと同時に
7000円の無意味さを知った

そういうケチケチ70円を辞めて
無意味な7000円を使わないように行動を見直した

70円ケチケチみたいな選択をしなくなり、繰り返されてった

70円足りないお財布にならなくなった
というか、そもそも7000円使わなくなったから70円あるよね。

これのくりかえし

 

うーん、ようするに、上手くいえないけど

お金が、無いこと は無いんです。

無い と思っているんですよね。

どこかにあるんですよ。

 

たとえば、こんな例だと、わかりにくいかもしれないですけど、
違うところから、やって来る場合もあるんですよ。

 

ほら、

不用品をヤフオクで販売して
お金が手に入るパターンもそうだし。

 


 

で、一番最初のハナシにもどると、
1700万円あれば、気にせずお金を使える

のではなく、

気にせずお金を使えると、1700万円ある。

のほうが、正しいんじゃないかな?

って、言ったんですね。

 

 

ま、こんな感じです。

 

毎月、こんな話を、しているワケです。

 

 


 

来週、九州に行きます。

 

別に ひょいひょい出張できるほど裕福ではありませんが

飛行機のチケット取って、予定立てて、
その予定通りに羽田空港に行けば、

 

知らない間に、

家に帰ってきてます。

 

 

そんなモンなんだろうな、って

思う昨今です。

でわでわ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

舞台女優。クラシックバレエ・フラメンコ・中国武術・唄の経験を活かし舞台演劇に携わる傍ら、国内外ECサイトで物販業を運営。後進者育成アドバイザーとして活動。ストレッチサークル主催。SHOW企画。