スカーフェイス Scarface 1983年 アルパチーノ ミシェル・ファイファー

Wikiてみた

英語で「傷(痘痕)のある顔」といった意味。 ウィキペディアに書いてあった。

アルパチーノさん43歳の時の作品か。

ミッシェルファイファーさん 美しすぎて。

トニーが喋るたびに口角が下がるのが気になる。
アルパチーノさんの映画を見てて 気になったことがなかった。作ったのかなあ。

マニーの 「レヴェンガーーー」が超絶かっこいい。最後まであのままでいて欲しかった。

 

ワザとらしいところが あるような気もしますけど
たぶん あれですね。下っ端から 偉くなって 城を守るのに必死になって ダメになる
みたいな流れが ポンポンポンポンって展開されるので
でも、ちゃんとそれがわかるから、すごいんですけど

本当はその 間 もあるとなぁと というか、間 も見たいなぁと思いました。

1回見ただけだと、、、ちょっとわからないところがあったんで、
わかる人教え欲しいのですが

・マニーが、なんでトニーのNY滞在中 連絡取れなくなったんですか?
・妹との結婚を その期間にしたのはなぜ?
・妹が実家を出て 豪邸に住んでるところに マニーが転がり込んだの?
・付き合ってるのバレてないで「結婚したのを驚かせようと思った」とか絶対関係性としてあり得なさそうだし

ちょっと、お話は 理解できないところがあります。
アルパチーノ

傷のある顔って かっこいい。

 

下っ端時代のトニーの、エルビラへの、接し方が繊細だなぁと。
壊れそうなものを大切に扱っている雰囲気が好きなんですが

あれですかね。やっぱり ココロが間違っていくと、ブタ としか呼べなくなってしまうんですかね。
かなしいです そして残念です でも人間らしいです。

 

「駄駄並べ映画レヴュー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

舞台女優。クラシックバレエ・フラメンコ・中国武術・唄の経験を活かし舞台演劇に携わる傍ら、国内外ECサイトで物販業を運営。後進者育成アドバイザーとして活動。ストレッチサークル主催。SHOW企画。