笑われてナンボ。マニュアル通りに動いているうちはカラッポ。

物販系舞台女優 いしわたりようこです。

東京を離れて暮らしているわたしは
新宿の待ちを背に
おのぼりさん という言葉がピッタリ。
カメラのキタムラ

 

久しぶりの新宿西口の人混みに翻弄され
油と湿気を承知の上で
マクドナルドに逃れた。

 

 

 

今年の3月の舞台で
コメディというもの の難しさを痛感し
これからの課題は これだ と思ったワケで
スピニンローニン

キャラクテールたるを生きるには
コメディを理解しないといけない

 

キャラクテール

バレエの舞台でいう
スパニッシュとか、ジプシーとか、サンチョパンサとか、
キャラクター・ダンス、キャラクテール

 

わたしは、考えてみれば
バレエをやっているころから キャラクテールでした。

わたしは ヒロインやお姫様ではありません。

わたしは キャラクテールですから。

昨今、それを忘れていて
まともな(?)モノになろうとして居たことに 気づきました。

そりゃあ、心身に不協和音が鳴り響くはずです。

出現時間が短くても、 印象に残るようなキャラクテールに
なりたいと 思ってやまなくなりました。
サイドキック

3月の舞台で衝撃的だったのは

ずっとわたしの、 とある仕草 を見て
観客の皆様が笑っていたのですが

どうして笑っているのかが ずっとわからなくて、

千秋楽を終えてから
ふとした瞬間に 気づいたんです。

なんでその しぐさ で笑っていたのか
わからないのに やっていたんですよ。

なんで笑うんだろう、って思いながら ずっとやってたんです。

本当は、こういうことは 計算して、やらなければいけないことで
笑われる理由を知ったうえで やらなければいけないことで、

そうでなければ、何の技術でもないです。

内容を理解せずに、マニュアル通りにボタンを押しているようなもの。

皆様が笑っていた理由がわかった時に、

 

コメディって、途方もない

 

って痛感しました。

日頃から、
「なんで今 わたし、笑ったんだろう」 とか
考えるようになりました。

 

アクション 中国武術

 

お笑いライブに連れててもらいました。

笑うって 途方もない。

 

 

FacebookLiveを小まめに更新中☆
https://www.facebook.com/yokoishiwatari/videos/1194448577301783/

更新するたびに
「楽しそう」って言ってもらえるのが、うれしい。

 

楽しくなければ人生じゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

舞台女優。クラシックバレエ・フラメンコ・中国武術・唄の経験を活かし舞台演劇に携わる傍ら、国内外ECサイトで物販業を運営。後進者育成アドバイザーとして活動。ストレッチサークル主催。SHOW企画。